SDガンダム×戦国武将コラボ!石田三成:鎧兜と家紋

SDガンダムを石田三成風に作る

石田三成の家紋?「大一大万大吉」

天下分け目の関ヶ原合戦で西軍を率いて敗戦の将となった石田三成。戦国武将の中でも最も魅力的な人物です。
私の趣味は「家紋」です。家紋は日本の伝統的なデザインで世界でも稀な文化。
「大一大万大吉」(だいいちだいまんだいきち)は、正確には家紋ではないとも言われていますが、武具に記すなど家紋的な使い方もされていますので、家紋ととらえてもいいというのが私の考えです。

その意味ですが「一人が万民のために、万民は一人のために尽くせば、天下の人々は幸福になれる」
つまり One for all All for one、するとみんなが吉になるということです。
一・万・吉に大の文字を付けています。

戦国時代にこんな理想を掲げるって素晴らしいですね。

SDガンダムを知りたいならこれ聴いて!

SDガンダムは手軽に作ることができるので大好きです。SDとはスーパーデフォルメの頭文字、三頭身のガンプラですが、それ以上のことはよく知りませんでした。
商品にはBB戦士とか、三国志とかいろいろね。
でもこれを聴いて思い入れが爆上がりしました。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」で2021年5月に放送さた神回です。
「宇多丸よ、直撃世代の叫びを聞け!『SDガンダム最高!』特集 by 渡辺範明」
今でもポッドキャストで聴くことができます。リンク先はSpotifyです。

そこでSDガンダムを西軍大将 石田三成に改造

ベースにしたのは「SD 三国創傑伝 董卓プロヴィデンスガンダム

三国創傑伝の公式サイトでは、董卓プロヴィデンスガンダムは「前領主なき後、独裁的な政治で民衆たちを苦しめている」とあり、大一大万大吉とは真逆のキャラだけど、そこは置いといて改造を進めます。本来の石田三成の鎧兜・装備とはやや違いますが、ホワイトを基調とし正義感を表現することにします。

SDガンダムは安価な分、見えないところがハリボテ状態になってます。
ここはエポキシボンドで穴埋めして乾燥後デザインカッターとヤスリで整形します。
最後にアクリル塗料のホワイトを塗りました。

兜・甲冑・家紋を石田三成に変化

戦国武将の特徴をあらわす大事な二大要素
1、兜・甲冑
2、家紋(装具や旗印)
この二大要素をデフォルメして作りっていきます。

兜の角は石田三成は鬼のような日本の角。
額には金属製と思われる額当てがついています。額当ては急所である顔面への攻撃を防御するものです。
これをモチーフにして兜の角を削っていきます。
全体のカラーをホワイト・チャコール・ブラックで塗分けていきます。
額当てと兜の角はゴールド。
武器はせっかくのクリアパーツなので活かしています。

大一大万大吉の家紋デカールを貼って仕上げ!

デカールの家紋はインクジェットプリンターで転写プリントを出力。
最近ダイソーで手に入れた極細デザインカッターで切り取ります。
思った通り使いやすいですよ。
大好きな家紋「大一大万大吉」を要所に貼って完成!

簡単にできて楽しかったので、また作ってみよう!
そもそもSDガンダムには武者や三国志モチーフがありますが
古いキットは手に入りにくいですね。
定価で買うことができるSDガンダムを改造して戦国武将風にするのもおつなものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました