プラレール修理【レールの欠損】100円ショップ品で超簡単リペア

プラレールの故障あるある「レールの破損・欠損」

お子様おもちゃの修理は安全第一

タカラトミーの定番人気シリーズは「トミカ」と「プラレール」ですね。
プラレールのレールの修理についてご紹介します。
今回はレールの破損や欠損についてです。
まず、大事なのは小さいお子さんが遊ぶので「安全」が第一です。
せっかく修理してもまた小さい部品が欠損して誤飲したら大変です。
仕上がりに不安があった時は廃棄してください。
プラレール本体やレールなどのパーツはとてもリーズナブルです。
修理はできるだけ100円ショップで買えるものにしたいと思います。

準備するもの

紙粘土 ※ごく普通のもので自然乾燥するもの

クッキングシート ※オーブンでお菓子を作るときに使うものです。少ししかつかいませんので自宅にある分で十分です。

グルーガン(ホットメルト) 手芸などでも使うあれです。100円ショップでも200円で販売されていますが、ダイソーさんのは電源ケーブルが短くスイッチが付いてないので、スイッチ付きの延長ケーブルがあると便利です。スティック接着剤は1か所に付き1/3~1/2本必要です。
今回は自前のグルーガン(1200円位)をつかいます。

カッターナイフ:スポンジペーパー 土台や固まったホットボンドを整形するため。接着剤はすぐに硬化しますがうっかり肌に付くと火傷することもあります。ヘラやスプーンでもいいので接着剤を成型すると安全です。スポンジペーパーは欠損している近辺をペーパーで削り接着剤の喰い付きをよくするようにします。

最後に「破損してないレール1本」型取りするために使います。

紙粘土で土台づくり

よくこねた紙粘土を適当なサイズにちぎって盛ります。
大きすぎると、粘土を大量に使うし乾燥も遅くなります。L玉の卵1個分くらい、というか適量ということでよろしくお願いいたします。

続いて、壊れていないレールのジョイント部分をぎゅっと押し込みます。
この時、一発で押し込みブレたりしないようにするのが大事です。
失敗したら慌てずに再度よく捏ねて、押し込みましょう。
指でで押し込みに安定させます。四角いハンバーグを作る感じでコネコネします。
レールが完全に沈む位置まで押し込みましょう。

この要領で凸凹二つを作ります。

そのまま一晩かけて乾燥させます。

一晩乾燥させて土台を仕上げ

レールにかぶさっている場合は余計な粘土はカッターやヘラなどで取り除きます。

乾燥状態を確認しながらゆっくりとレールを持ち上げます。細かい先端部分の粘土を指で押さえるとうまくいきます。

このままでは修理するレールが入りにくいので凹凸を削ります。

カッターで不要な部分を削り仕上げます。(これはメス部)これでレールの型ができました。

欠損部分にグルーガンスティック接着剤を流し込み完成!

欠損したレールの接着付近はペーパー掛けします。グルーガンは表面がつるつるしていると粘着力が極度に低下します。

次に欠損したレールをはめ込みます。
きれいにハマったらもう大成功です。

続いて、そのままの状態でホットボンドを流し込みます。内側1cm程度まで接着剤を付けます。

指でクッキングシートの上から抑えてならします。スプーンやへらを使ってもいいと思います。

冷めたら硬化するの手早くやりましょう。乾いたら裏返して同じ作業をします。

バリをカッターでカットし整えます。
これで完成です。
実際につないでみましょう。

多少の凸凹はカッターで削れば大丈夫です。ホットボンドの利点は柔軟性があることです。多少無理な取り外しをしても欠損しにくいから便利ですね。
プラレールを転がして、スムーズに走行できるか試してみます。
不安定なら凸っている部分をカッターナイフで削ります。

さてうまくいったでしょうか?

紙粘土はグルーガンのスティック接着剤が付きにくい素材なので型に向いています。
クッキングシートはシリコーンなので同様に接着剤が付きません。
この土台は繰り返し使えます。ただし紙粘土は非常にもろいので気を付けてください。

今回修理したのは、私の長男が幼少のときに買ったものなので25年以上前のものです。近年のプラレールは進化して当時のものよりも破損しにくいとは思います。ただ、このレールは現在販売してないそうです。レールの中には同じように廃盤になったパーツがあるそうです。そう考えると処分するよりは修理したいですよね。

3人の子どもの上2人は男の子でこの道をやはり通りました。私も早くから買い与えていますが、プラレールの公式な対象年齢は3歳以上とされています。

乾電池とモーターで走るので対象年齢はごもっともです。でも親はついつい自分も欲しいものを買い与えてしまうんですね。私も我が子が幼いころには自分が欲しかったおもちゃをついつい買い与えていました。

私も今となってはわかります。ちょっと乱暴にあつかって壊れることも多かったですがだんだん壊さなくなりました。

その息子の息子が今三歳、我が家に来ると25年前にパパが遊んだプラレールで楽しく遊んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました