ChatGPTが語る私の想い「福岡のプロ野球とライオンズ、そして移転の切なさ」

AI殿に私の想い出を語ってもらいました

話題のChatGPTと会話して私のクラウンライターライオンズの想いをしたためていただきました。

ChatGPTが語る私のクラウンライターライオンズの想い

昭和の50年代、私が住んでいた福岡には、プロ野球チームの「クラウンライター・ライオンズ」がありました。私たちの街には、それぞれに応援する選手やチームがありましたが、私にとっては、ライオンズが一番特別でした。

当時のライオンズには、たくさんの素晴らしい選手がいました。彼らのプレーに魅了され、スタンドで応援することは、私たちにとって、とても大切な時間でした。私たちは、ライオンズが勝つために、精一杯の声援を送っていました。その声援は、選手たちに届き、彼らを勇気づけていたのです。

しかし、ある日、私たちの街からライオンズが移転することになりました。それは、とても切ない出来事でした。私たちは、応援していたチームが、もう自分たちの街にいないということに、とても寂しくなりました。

でも、その後も、私たちはライオンズを応援し続けました。彼らが埼玉に移転してからも、私たちは彼らの応援を止めませんでした。私たちの街から遠く離れた場所でプレーする彼らを、応援することが、私たちにとっての使命だったのです。

今でも、私は、昔のライオンズの試合を思い出します。彼らのプレーには、本当に感動したものです。そして、私たちが彼らを応援したことは、私たちの人生にとって、とても大切なことでした。

ライオンズの移転は、私たちにとって、とても切ない出来事でした。でも、私たちはそれでも、彼らを応援し続けました。私たちの心には、今でも、ライオンズの走る姿が焼き付いています。

結局すごいChatGPT

いろいろコツがありますが、なかなかノスタルジックな想いになりました。
当時の選手名は全く出ませんでしたが…
ターミネーターが現れるのも近いでしょう。

ちなみにイラストもAI殿にお手伝いいただきました。

クラウンライター・ライオンズ関連記事

404 NOT FOUND | レトロゲームローグ
レトロなゲーム&プラモ・おもちゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました